卵巣腫瘍


 外科的切除により治療が可能です。
脱毛の症状に注意し早期発見しましょう。

<症状と原因>
 卵巣腫瘍には数多く腫瘍の種類が存在します。大きく分類すると、皮質性腫瘍、類組織性腫瘍、卵生腫瘍の3種類になります。中でも皮質性腫瘍の1つ、顆粒膜細胞腫が卵巣腫瘍のおよそ半分を占めています。

 
症状は性周期が不規則になったり、脱毛が見られたりします。症状が悪化すると、腹部が膨張し、嘔吐や腹水も見られます。他の部位に転移する恐れもある為、早期発見を心がけましょう。発症原因は不明です。

<治療の方法>
 触診で腹部の大きなしこりを確認する事ができます。外科的療法により、卵巣、子宮の摘出を行います。術後の転移はあまり見られず、転移がなければ治癒します。