犬の扁平上皮癌


 肺に転移してしまうと、危険性が急激に
増します。早期発見を心掛けましょう。

<症状と原因>
 扁平上皮癌とは、粘膜や皮膚を作り出す扁平上皮細胞が悪性腫瘍化したもので、主に犬の鼻や唇、耳や爪の付け根等の色素沈着のある部位に発症します。扇平なもの、皮膚のただれに見えるもの、潰瘍に見えるもの、見た目は、しこりがあるものや、傷に見えるもの等様々です。扁平上皮癌は進行と共に、周囲に広がっていき、最悪、リンパ節や肺に転移する恐れもあります。

 太陽光線から受ける障害や、慢性の炎症が主な原因の要素となります。四肢や口腔内、肛門等にも発症することがある為、歩き方がおかしくなったり、食欲がなくなったりする事があります。

 発症しやすい年齢は8~10歳です。ブルテリア、ビーグル、ダルメシアン等の犬種では腹部を始めとする色素沈着のない部位にも発症するそうです。

<治療の方法>
 扁平上皮癌は広がりやすい為、外科的治療により、癌の周りの正常な部分も含めて切除します。その後、放射線による化学療法を行う事が多いようです。

<早期発見方法>
 体の表面に発症するガンですので、早期発見が可能です。顔や腹部や四肢、肛門などの皮膚をチェックして、わずかでも異常なところがあれば、直ちに獣医師の診察を受けましょう。