犬の骨肉腫


 歩行に以上が見られた場合には、
直ちに獣医師による診察を受けましょう。

<症状と原因>
 骨腫(骨にできる腫瘍)のひとつで、完治の難しい悪性腫瘍(ガン)のことです。7、8歳ぐらいの大型犬が特になりやすく、発症した場合、肺に転移して悪性腫瘍が増え、急速に悪化していきます。症状としては、跛行(足を引きずる)がみられ、患部を触ると激しく痛がります。

 原因としては、はっきりと分かっていないが、過去に骨折したことがある犬や、体重が重い大型犬がよく発症するため、骨に対する負担が原因ではないかといわれている。骨を支える筋肉を適度な運動で発達させることや肥満にならない為の栄養管理が大切。

 発症しやすい犬の種類は、大型犬が非常に多くて、中・小型犬の8倍ほどの発症率になってしまいます。大型犬は中・小型犬に比べて体重が重くて足の部分の負担が大きい。そそれにより捻挫や関節や靭帯を痛めたりすることも少なくない。

 若い年齢の犬でも、発生も認められて特に原発性の肋骨骨肉腫になりますと成犬に発生しやすいです。約75%は四肢に発生し、残りがその他の骨格(下顎、上顎、脊椎、頭蓋骨、肋骨、鼻腔、骨盤等)に認められます。骨肉腫の病因はまだ不明とされています。初期段階で放置すれば、すぐに肺に転移し、1年もたたないうちに生命の危険があります。

<治療の方法>
 もっともよく行われる治療法は、再発と転移を防ぐ為に腫瘍ができた骨の上位にある関節部からの外科的手術による切断です。治療法としては、再発と転移を防ぐ為に患部の切断や骨を移植する外科手術や抗がん剤の投与などが行われる。

管理人

 愛犬家の皆様初めまして。犬のガン.comの管理者シローです。
 現在、ガンにかかる犬が大変多くなってきています。

 犬がペットとしてではなく、家族の一員として受け入れらるようになった事で、以下のような、ガンを発症する様々な要因が生まれてしまったのです。

・室内の限られた空間で飼われるようになった事で、ストレスを感じやすくなった。
・ペットフードという専門食ができた事により、生きた酵素を取り入れられなくなった。
・運動をする機会が少なくなり、慢性的な運動不足になった。

 毎日ストレスを抱えて、必要な栄養が摂取出来ず、十分な運動も行えない。まさに、生活習慣病から様々な病気を発症させてしまう人間と同じライフスタイルですよね。これらの要因により、人間と同じように、犬にもガンの発症率が高まってきているのです。
 アメリカで行われた調査では、10歳以上の犬の死亡率で最も高かったのはガンで、全体のおよそ半分を占めています。また、犬のガンの発症率は人間よりも多いとさえ言われています。その中で一体どれ程の犬が治るかというと、最善の治療を尽くせたとしても、わずか三割程度なのです。
ガンは犬にとって、かなりの確立で発症し、一度発症してしまうと治癒するのが大変難しい病気です。しかし、諦めてはいけません。飼い主と愛犬が力を合わせてガンに真摯に向かい合い、取り組めばガンを治す方法はあるのです。

 このサイトでは西洋医学から見たガンの情報はもちろん、ガンに対して有効な
働きを持つとされる東洋医学の自然療法や民間療法に至るまで、様々な視点から、ガンの予防、対応、治療についてご紹介させて頂いております。愛犬と愛犬家の皆様の為にお役に立てましたら幸いです。

<免責事項>
当サイト上にあるコンテンツの内容に関しましては、いかなる保証も致しておりません。当サイトにて公開されている情報に誤りがあった場合、また、当サイトを利用する事によって生じた直接的、間接的、偶発的、結果的な損失や損害に対して一切責任を負いません。予めご了承の上ご活用下さいませ。